今後の日本の発電を支えるのは「太陽光発電」に違いありません。

クリーンエネルギー「太陽光発電」

福島での原発事故以降、日本の発電のメインは火力発電です。

化石燃料を燃やすことによって発電する火力発電は、発電効率が良いのが最大のメリットですが、その反面、資源となる化石燃料に限りが有るとい点と、発電に二酸化炭素の発生が伴われるという点が最大のデメリットと考えられます。[参考にしました]太陽光発電比較探検隊

つまり、火力発電は未来永劫の利用が不可能であり、同時に、利用することで二酸化炭素増加による地球温暖化を加速させるのです。

そんなわけで、永続的に利用可能で、地球の環境にも悪影響を与えない発電方法が注目されているわけですが、中でも人気が高いのが「太陽光発電」でしょう。

屋根など、太陽光があたるところに置いておけば発電ができる「太陽光発電」は、温暖化の原因となる二酸化炭素も排出しませんし、風力発電のようにモーター音による騒音も出しません。

今後の日本の電力を担うのは「太陽光発電」しかないでしょう。